お問い合わせ

Email: info@fittrading.jp
Tell: 03-6805-1264

代表紹介

FIT Trading株式会社 代表取締役
阿部 信太郎
代表挨拶

FIT Trading株式会社は、世界中のスタートアップ企業か開発するフォットネス関連ソリューションの日本における販売・導入支援を行っております

日本のフィットネス市場は、世界的に見て大きく後れを取っています。例えば、ヨーロッパでは月額1,500円程度で高品質の24時間ジムサービスが提供されており、この価格帯でサービスを拡大し上場を果たしている企業も存在します。また、欧米諸国のフィットネス人口比率が13%-17%程度である一方、日本のフィットネス人口比率は3%台に留まっております。

FIT Tradingは、日本ではまだ普及していないグローバルスタンダードのフィットネス・ソリューションを日本向けにカスタマイズし、ジム施設の「1. 初期投資コスト削減」 「2. ランニングコスト削減」 「3. ジム会員継続率向上」を徹底的にサポート致します。

主な経歴
1994年 埼玉県朝霞市生まれ
2013年 さいたま市立浦和南高等学校 卒業
2017年 ニューカッスル大学教養学部 卒業
アクセンチュア戦略コンサルティング本部 入社
2019年 FIT Trading株式会社 代表取締役就任

製品紹介

イス発3Dボディスキャニング・スタートアップ「Bodygee」は、手軽に全身の3Dモデルを作成することができるデジタル・フィットネス・ソリューションを開発する。FIBO 2018ではInnovation Awardを受賞しており、今全世界から注目を集める新興ソフトウェア企業である。

「Bodygee」最大の強みは、なんといってもiPadとiPadに装着する特殊な3Dカメラを使うだけで、極めて精密な身体3Dモデルを作成することができる、その”手軽さ”である。撮影にかかる時間はたった90秒、撮影に必要となるスペースは最低1.5m×2.0mとなっている。

料金もお手軽で、ターンテーブルが付いた最新モデルBodygee Orbiterは、iPad/3Dカメラ/ターンテーブルが付いて月額99,800円

(税込み)で提供されいる。さらに、契約13ヵ月目以降はハードウェア代金の支払いが終了するため、月額なんど59,800(税抜き)でサービスを利用することができる。登録ユーザーの制限はなく、充実した日本語カスタマーサポートもこの料金に含まれる。

精巧な3Dモデル作成の秘密はスキャンデータを解析する自社開発のAI・アナリティクス技術(ソフトウェア)にあり、R&D予算のほぼ全てがこのソフトウェアの改善に投資されている。コモディティ化しつつある3Dカメラなどのハードウェア製品については全て外部パートナーが製造しており、その戦略の徹底ぶりは見事である。最新版のソフトウェアは定期的にオン・ザ・エアーでアップデートされ、ユーザーは常に最新のサービス/テクノロジーを享受することができる。

製品紹介

DHZ Fitnessは、北京郊外に専有面積260,000㎡を誇る巨大自社工場を保有する世界最大級のトレーニング器具メーカー。2002年創業のDHZ Fitnessは、現在1,000人の従業員を抱え、設計から製造まで全てのOEMケイパビリティを内製するモンスターカンパニーへと成長した。

今までの業界常識では考えられない圧倒的な価格優位性に加え、欧州の大手マシンメーカーの製品と比較してもまったく遜色のない高品質の製品を提案し、これまでに100か国以上のフィットネスクラブに対して製品を提供してきた。

ホワイトレーベル製品のサプライヤーとしての実績も豊富で、日本で有名なトレーニング器具ブランドの中身が、実はDHZ Fitnessであることも多い。勿論、 『DHZ Fitness』のロゴをフィットネスクラブのロゴに書き替えることも可能である。。

また、出荷元の工場が北京郊外にあるため、日本のお客様へ最短2週間で製品をお届けすることが可能である。FIT Tradingとして、お客様の「初期投資コスト圧縮」の実現に向けた切り札として、DHZ Fitness製品の導入を提案している。

参考商品: E7008_Vertical Press

小売価格: 298,000円(税込)

参考商品: E7043_Olympic Bench

小売価格: 148,000円(税込)

参考商品: 100440_Rubber dumbbell_20kg

小売価格: 19,800円(税込)

参考商品: X8200_Treadmill

小売価格: 398,000円(税込)

製品の詳細情報については、info@fitrading.jpまでお問い合わせください